読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

本来の私という名の海へ泳ぎにかかれ

 
魂が震える瞬間は
どんな時ですか?
 
ワクワク、ドキドキ
トキメキ、ズッキュン
 
言葉にならない
堪らなく降注ぐ歓びの瞬間は
 
そういうのシェアするの
楽しいなと思い、
私のを書いてみようと思います。
 
 
 
私の歓びの瞬間は
 
思考を挟まずに
感覚のままに唄っている時
 
曲創りで歌詞やメロディが
ピタッと一致した時
 
アイリッシュ音楽を始めとした
大好きな音楽を聴いている時
 
フリルやレースなど
可愛いお洋服を着ている時
 
宇宙のことや自愛について
お喋りしている時
 
彼にハグされながら猫のルナちゃんと
だらだらとベットで寝ているとき
 
本当の自分を見つけて
解放されて涙を流す時
またはそういう人を見る時
 
ストーンヘンジに想いを馳せる時
 
海や山や空や花や
自然を感じる時
 
寺山修司やブッとんだ作品を観る時
 
芳しい言葉やアートに触れる時
 
洋館にいる時
 
ディズニーにいる時
 
京都の鴨川にいる時
 
横濱のみなとみらいにいる時
 
などなどなどなど♡
 
 
 
こういう好きなものというのが
解放への道標であり
今の自分に必要なものなのだろう
 
過去から身に纏ってきた
自らへの抑圧を捨てて
好きなものをどんどん選んでいく
そんな私へ
意識を傾けている最中です
 
その過程の中で
思考の特色がどんどん軽くなり
自分の闇を受け入れられるようになったら
自分の光も見えるようになりました
 
 
今は、本当の
本来の私という名の海を見つけ
入ることを躊躇っていたけれど
ようやく踏み入れ脚を浸かせた状態。
 
ですが、
もっともっと
私に還りたがってウズウズしている
 
恐れ、不安、寂しさも
還るための材料なのかもね
 
今の状態の自分を知り、認め、
本当の望みを知るが為に
 
本当の望みを受け入れ
しのごの言わずに
ざっぶーんと頭から海へ飛び込めば良いのに
 
ビビりだし、恐る恐るでも良い
手を伸ばして犬泳ぎでも良いんだ
 
そんな無様な自分を笑っちゃうくらい
その過程を喜劇とすれば良しではないか
 
とにかく私よ、
 
躊躇いのさなかでも良い
 
本来の私という名の海へ
 
本当の歓びへ泳ぎにかかれ
 
f:id:love-princess-meg:20170325194347j:image