読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不思議なヴィジョンに見せられて


2015年のいつだったか忘れたけれど
いつだったかの夜のこと。



眼を閉じて、
夢の世界に行くその前に
突如、眼前に
脳みそのヴィジョンが現れた。

背景は真っ暗で
脳みそがクルクルと廻っているの。
回りはボヤッて少し光ってた。

脳みそだなんてそんなグロテスクなもの、
私好きじゃないのにどうして・・
 

脳みそに思いを馳せたことなんて一度もない
何よりグロテスクなものは超嫌い。
それなのにどうしてだか、
気持ち悪さを一切感じなかった。

むしろ私好みのデザインのタッチで
脳みそが描かれていて不思議だった。
未だかつて脳みそを自分好みのタッチで
想像したことなんてなかったから。

それでその時
あぁ、これは見せられているのかも
しれないと感じた。



にしても、

こ、これは一体なんなのだろう・・

そんな風に眼を閉じながらも、
ありありと眼前に見えている
そのクルクル廻る脳みそを
凝視続けていたら、
脳みそは奥へと消えていって

かん発いれず
次に飛び出てきたのは
紙とペンだった。

それもまた私好みの、
中世ヨーロッパで使われていたような
アンティーク調なデザインで、
ペンときたら超絶好みな羽根ペンであった。

そして羽根ペンはせかせかと
紙に何かを書いて忙しく動いている。
文字は少なかった。

なんて書いてあるのだろう?

それを読もうとしたら
紙も羽根ペンもヴィジョンは消えてしまった。



寝ようとして眼を瞑ったのに
変なヴィジョンを見せられたお陰で
眼が覚めてしまっていた。

今のは一体なんだったのだろう?!
今のは一体なんだったのだろう?!

プチ・パニックだった。笑

と、とりあえずは
潜在意識的な何らかからの
メッセージなのであろうということは
なんとなく分かった。
全く怖さを感じなかったから。

紙に書いたことを
伝えたかったのだろうか?
でもそれならどうして文字を読む前に
消えてしまったのだろうか?
それに脳みそは??



脳みそ・紙・ペン・・・

色々思い巡った結果、

こ、これは
”思考を書け”
ということなのか・・・?

という結論に至った。




という、
そんな理由で書いていくブログです。

今までアメブロを使っていましたが
なんだかしっくりこなくて。
最近好きなブロガーさんがはてなさんに多く、
試しにこちらでやってみたら
しっくりきたのでこちらで思考錯誤して
書いていこうかと思います。




不思議なことが
いつからか
不思議ではなくなったこと

それを愉しむが為に創られた
この世界のカラクリなのだろうか

そんな風に想う此の頃です


f:id:love-princess-meg:20170325043846j:image